So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

2016年4月26日更新の加藤紗里さんのブログにて [おもしろニュース]

2016-04-26


2016年4月26日に更新された「敬具」から始まる加藤紗里さんのブログに寄せられたコメントの中に、優しい指摘があったのでピックアップ。


143. 無題
さりちゃんこんにちは。
ねぇ待って待って、敬具って草々と同じだよー!w
頭に拝啓なら結びは敬具、前略なら草々。
使う言葉にもペアがあるの。
ちなみに拝啓なら時候の挨拶入れるのが一般的だけど、前略なら要らないからね。
せっかく遊び心もある素敵な文章なのに初っぱなから敬具って、会って即バイバイだよw
これだけ言いたくてコメントしました。
いつも楽しく拝見してます♪ありがとう♪では。
かつこ 2016-04-26 13:30:33


勉強になりますね。。

タグ:加藤紗里
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

[熊本地震] わずか1.8メートルの動きがマグニチュード7.3を引き起こした [自然災害ニュース]

16日の熊本県を震源とするマグニチュード7.3の大地震は、長さおよそ50キロにも及ぶ断層が、最大で2メートル近く横にずれ動いて発生したとみられることが、専門家の解析で分かりました。
地震波の解析などが専門の筑波大学の八木勇治准教授は、世界各地で観測されたデータを使って、16日未明に発生した熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード7.3の大地震を引き起こした断層について分析しました。その結果、断層は、長さがおよそ50キロ、幅がおよそ20キロに及び、横方向に最大で1.8メートルずれ動いたとみられることが分かりました。

熊本城

今回の地震について、政府の地震調査委員会は、17日、「『布田川断層帯』という活断層帯の一部がずれ動いて起きたと考えられる」という見解をまとめましたが、八木准教授によりますと、今回、解析した断層も「布田川断層帯」とほぼ重なり、これを裏付ける結果になったということです。

一方、今回の解析では、これまで政府の地震調査委員会が公表していた「布田川断層帯」の評価より、断層が北東に10キロほど長く伸びている可能性があるということです。断層は、この北東側の南阿蘇村の方向に向かって破壊が進んだとみられ、八木准教授は、南阿蘇村で最大で震度6強を観測するなど、特に揺れが大きくなった可能性があると指摘しています。
八木准教授は「断層が進む方向では、地震の波が重なり合って揺れが大きくなることがあり、これが南阿蘇村の大きな被害につながった可能性がある」と話しています。

出典:NHK ONLINE



1.8メートルずれ動いただけなのにマグニチュード7.3もの地震が起こるのが凄いですね。

長さがおよそ50キロ、幅がおよそ20キロもの巨大な断層だとそれくらい影響があるということでしょう。

しかし地球規模で見れば、ほんのかすり傷程度の事象。

改めて大自然には到底敵わないということを実感します。

今もなお余震に苛まれている被災者の方々へ。一日も早く安心した生活に戻れるよう祈っています。
タグ:熊本地震
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。